一般社団法人 静岡県安全運転管理協会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
2019(令和元)年度事業報告書

一般社団法人静岡県安全運転管理協会(以下、県協会という)では、安全運転管理 者の資質の向上及び安全運転管理体制の充実強化を図り、広く安全運転管理に関する 啓発広報を行い交通安全に寄与することを目的に掲げ、定款第 4 条に定める各種事業 を積極的に推進した。
また、2019 年度の事業計画に基づき、活動重点を

○ 「おもいやり ありがとう」の広報啓発活動の推進
○ 高齢者交通事故防止対策の推進
○ 追突事故防止及び出会頭事故防止対策の推進
○ 飲酒運転根絶対策の推進
○ 後部座席を含めたシートベルト・チャイルドシート着用の推進
○ 自転車安全利用対策の推進

とし、県警察本部、関係機関、団体と緊密な連携を図り、各種事業を推進して安全 運転管理選任事業所の交通安全及び交通事故防止に努めた。 2019(令和元)年中の安全運転管理者選任事業所に関する交通事故は、前年に比べ 死者数が増回した。件数、負傷者は減少した。死亡事故は、件数 20 件、死者数 20 人 で前年に比べ3件、3人の増加となった。2019 年の抑止目標である 16 件 16 人以下を 達成できなかった。2019 (令和元)年度中(以下、2019 年度という。)に実施した事 業の概要は次のとおりである。

第1 安全運転管理に関する啓発及び広報の実施
高齢者等交通事故防止のための「早目のライトオン」の促進、追突事故防止 のための広報啓発活動、「事業所における飲酒・暴走等危険運転をさせない・許 さない職場づくり」、チャイルドシートを含む「オールシートセーフティ作戦」、 正しい自転車の交通ルールの周知とその実践を推進した。
   
安全運転管理者選任の協会加入事業所等に対して、交通事故防止対策、交通 安全運動の推進方策、交通事故事例や各地区協会の活動状況を紹介するなど、 安全運転管理に役立つ資料等を取材・編集した機関誌「安全運転管理しずおか」 を毎月発行し、各選任事業所、関係機関及び市町等に配布した。(毎月発行、月 平均 11,130 部)
なお、機関紙の配布(郵送)については、住所変更に伴う配布先の変更など を従来は各地区からのメールによる連絡で把握していたが、新たなインターネ ットシステムを導入して、この作業に伴う各地区の負担を軽減した。また、推 進事業所が機関誌に投稿するにあたり、原稿のフォーマットをホームページか らダウンロードできるように改良した。
   
安全運転管理協会を県民や未加入事業所等に幅広く紹介するため、ホームペ ージに「安全運転管理協会の変遷」、「安全運転管理者制度」、「安全運転管理者 講習」、「表彰制度」等を判りやすく掲載し、「定款」、「役員名簿」、「事業報告」、 「収支計算書」、「事業計画書」、「収支予算書」等を公開して事業の透明性の確 保等に努めると共に、安全運転管理協会の役割などのメリット等を掲載して入 会案内に努めた。
   
ホームページによる広報活動を推進するため、警察本部や各地区安全運転管 理協会の広報やキャンペーン情報等をトピックスとしてリアルタイムに掲載し、 広報効果の拡大に努めた。(トピックスの掲載 53 回)
   
協会加入事業所の交通事故抑止の一環として、県警察本部の要請による「選 任事業所従業員による重大特異事故の通報制度」に基づき、インターネットメ ールシステムを活用して各地区経由のうえ会員事業所に迅速な通報を行い、再 発防止対策を実施した。なお、1年間の通報件数は、飲酒運転等の重大違反を 含め 23 件であった。
   
安全運転管理者選任事業所従業員の交通安全意識の向上と交通安全管理意欲 の高揚を図るため、選任事業所に「選任事業所表示板」71 枚を各地区協会経由 で配付した。また、安全運転管理者手帳用証を 3,795 部作成し各地区に配布し た。
   
秋季及び年末の交通安全運動に係る広報は、2019 年度安全運転管理推進事業 所 51 所を対象とした推進事業所と県・地区協会が一体となったスポット CM を 作成し、交通安全運動期間中、延べ 102 回の集中的なラジオ広報を実施した。
また、移動中継車によるラジオ生放送を 10 地区協会及び県警察本部交通企画 課1回の計 11 回実施した。
   
県協会では、テレビ静岡が主催する子供たちを交通事故から守るキャンペー ン、「第 40 回黄色い手帳運動」に後援団体として協賛を実施した。このキャン ペーンでは、新入学(園)児を交通事故から守る県民運動(4月4日~10 日)、 テレビ放送を通じてドライバーと子供たちに交通ルールとマナーの呼び掛けを 実施した。
   
県協会では、交通安全教育啓発用DVDを購入し、希望する会員事業所に無 料で貸し出した。(DVD6本購入、他県安管から贈与1本)
保有しているDVDは、県協会ホームページで公開している。
  貸出し本数 延べ444本
  県協会保有数 123本



第2 安全運転管理に関する研修会等の開催
県警察本部と共催により、安全運転管理推進事業所 51 事業所に対して、今後 1年間の推進要領等を説明する安全運転管理推進事業所説明会を開催した。
○ 開催日、場所 平成 31 年 4 月 16 日、静岡市「あざれあ」
   
県警察本部と共催により、安全運転管理推進事業所の取組成果等を発表する 安全運転管理推進事業所事故防止研修会を開催した。
〇 開催日、場所 令和2年2月 18 日、静岡市「静岡音楽館 AOI」
   
新たに任用された地区協会事務局長等に対し、職員の能力向上等を図る目的 で、新任事務局長等研修会を開催した。
〇 開催日、場所 平成 31 年4月 26 日、静岡市「クーポール会館」
   
県下事務局長等研修会は、事業所の住所等の変更に関して新規に導入したシ ステムの説明、操作方法や活用方法に関する講習を中心に研修を行った。
〇 開催日、場所 令和元年7月 26 日、静岡市「クーポール会館」
   
県下会長・事務局長合同研修会を開催し、県警本部オリンピック・パラリン ピック対策課長の講演を受講するとともに、県協会運営上の課題等について協 議を実施した。
〇 開催日、場所 令和2年 1 月 28 日、静岡市「クーポール会館」
   
2019 年度法定講習の委嘱講師を対象に、公安委員会の委嘱状交付式及び法定 講習講師研修会を開催し、法定講習実施上の注意事項及び意見交換を実施した。
〇 開催日、場所 令和元年6月 14 日、静岡市「クーポール会館」
   
選任事業所の事業主を対象に安全運転管理者制度に対する理解と協力を得る ため、各地区で開催した事業主セミナーに対して助成金を交付した。
   
安全運転中央研修所安全運転管理課程へ各地区協会会員事業所の管理者を入 所させ運転適性検査・指導者資格を取得、今後の適正検査実施計画の礎を築く とともに、入所事業所等に対し助成金を交付した。
   
東部・中部・西部地区の方面別会長等研修会開催に対して助成金を交付した。
   
10 県協会役員による各地の交通事情視察を実施した。
〇 実施日 令和元年 11 月 17 日~18 日
  場所 静岡・愛知県(三遠南信道路建設現場等)