一般社団法人 静岡県安全運転管理協会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
平成28年度 事業計画
交通安全対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、昭和45年6月、交通安全対策基本法(昭和45年法律第110号)が制定され、これに基づき、昭和46年度以降9次にわたって交通安全計画を策定し、関係機関・団体等が一体となって陸上交通の安全対策を強力に実施してきたところであるが、未だ県下における交通事故発生件数は3万2千400件余、死者数は153人であり、引き続き人命尊重の基本理念の下に諸施策を一層強力に推進していく必要がある。
国の交通安全基本計画に基づく「第10次静岡県交通安全計画」では、本年は平成28年度から平成32年度までの5か年計画の初年度にあたり、抑止目標に掲げた発生件数3万件以下、死者数100人を達成するため、引き続き交通安全対策の総合的かつ計画的な推進が図られることとなった。
これにより、平成28年度「一般社団法人 静岡県安全運転管理協会」の事業計画を次のとおり定める。
第1 重点目標等
1 活動重点
交通事故防止活動重点は、関係機関の推進重点等を踏まえて
○ 高齢者交通事故防止対策の推進
  ・夕暮れ時の「早目のライトオン」の推進
○ 飲酒運転根絶対策の推進
  ・飲酒運転をさせない・許さない職場環境づくり
○ 後部座席を含めたシートベルト・チャイルドシート着用の推進
  ・「オールシート セーフティ作戦」の実践
○ 自転車安全利用対策の推進
  ・正しい自転車の交通ルールの浸透と実践
〇 追突事故防止及び出会頭事故防止対策の推進
  ・追突事故及び出会い頭事故の原因の周知と防止対策の実践
○ 道路横断等の歩行者保護対策の推進
  ・「思いやりパッシング」の実践
〇 「おもいやり ありがとう」の広報啓発活動の推進
  ・ドライバーも歩行者もゆずるおもいやりと感謝の心で交通事故防止を図る。
とする。

2 死亡事故抑止目標
昨年、安全運転管理者選任事業所が関係した、県下の交通事故死者は、21件21人で、平成27年「死亡事故抑止目標20件20人」の達成はできなかったが、前年に比べて1人の減少となった。
当協会が掲げる「第9次静岡県交通安全計画」に基づく、平成27年度までの県下の安全運転管理者選任事業所の交通事故死者抑止目標は、20件・20人以下としていた。
従って、「第10次静岡県交通安全計画」に基づく、平成28年度を初年度とする平成32年までの県協会の交通事故死者抑止目標は、5年間で1人ずつ減少とする15件・15人以下とし、初年度である平成28年は19件・19人以下に設定することとする。